Top
空白
Google Bing Microsoft Bing Google
    Manual Shop    

 [ Windows 11 ]
  レジストリ エディターを起動する方法

Windows Mamual
Registry
advertisement
WEB Site QR Code
このマニュアルのほかのウィンドウズ
Windows 10
Windows 8.1
 
English Edition
 
advertisement
 
Spanish Edition
 
advertisement
 
German Edition
 
advertisement
 

[ Windows 11 にもとづいて説明しています。 ]


 [ レジストリ エディターを起動する方法 ]

   ● 「スタート」ボタンをクリックして、レジストリ エディターを起動する方法

   ● 「「ファイル名を指定して実行」より、レジストリ エディターを起動する方法


 

 

 ◆ [ 「スタート」ボタンをクリックして、レジストリ エディターを起動する方法 ]

 1. 「スタート」ボタンをクリックます。

 

 

 

 

 2. スタート画面が表示されましたら、「すべてのアプリ」 をクリックします。

 

 

 

 

 3. 「すべてのアプリ」画面が表示されましたら、上下の「スクロールバー」をクリックしたまま、下側へ画面をスクロールします。

 

 

 

 

 4. 「W」項目の「Windows ツール」をクリックします。

 

 

 

 

 5. 「Windows ツール」画面が表示されましたら、上下の「スクロールバー」をクリックしたまま、下側へ画面をスクロールします。

 

 

 

 

 6. 「レジストリ エディター」をクリックします。

 

 

 

 

 7. 「レジストリ エディター」の画面が表示されましたら、操作は完了です。「閉じる(×)」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 8. 「Windows ツール」の画面に戻りましたら、「閉じる(×)」ボタンをクリックします。

 

 

 以上が レジストリ エディターを起動する方法 です。


 

 ◆ [ 「ファイル名を指定して実行」より、レジストリ エディターを起動する方法 ]

 1. 「スタート」ボタンを右クリックます。

 

 

 

 

 2. 表示されたメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

 

 

 

 

 3. 「ファイル名を指定して実行」画面の「名前(O):」欄に「regedit」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

 

  ※ 「名前(O):」欄に「regedit」と入力します。

 

 

 

 4. 「タスク マネージャー」の画面が表示されましたら、操作は完了です。「閉じる(×)」ボタンをクリックします。

 

 

 以上が レジストリ エディターを起動する方法 です。


インフォメーション(利用規約) - 最新情報 - サイトマップ -リンクについて

Copyright (C) 1998 - 2021 Manual Shop. All rights reserved